株式会社マトリクス
医療と情報技術、現場発想の
ベストマッチング
クラウドサービスとしてのご利用も可能です。
クラウドサービスとしての
ご利用も可能です。






 看護配置マイスターは、看護師勤務表の自動作成と、看護配置基準(7:1、72時間等)の要件監視ができるソフトです。


4か月先までの看護配置シミュレート



入職、退職、休職、復職などの異動予定を反映しながら4か月先までの勤務表をシミュレートします。

これにより、各種基準に照らした看護配置の過不足状況が可視化できるため、今まで担当者の経験や勘に頼らざるをえなかった採用活動にも、明確な根拠を提示できます。
4か月先までの自動生成状況
翌月勤務表自動生成

たとえば、
将来4か月にわたり、72時間夜勤を満たせるかどうか
シミュレートできる

将来的な看護配置の充足度を予測して表示できます。病院全体、届け出単位、病棟単位などについて、医療法、診断報酬、労基法などの看護配置基準を満たせているかどうかを4か月先まで予測できます。


将来的な看護配置の充足度を予測して表示できます
時点、歴月、4週についての各配置基準を診断


たとえば、
いつまでに常勤看護師何名を確保すれば不足を補えるか
シミュレートできる

充足度診断の結果、人材不足が予想される場合、いつまでに、どんな人を、何人必要かを提示できるのが補充必要度診断です。

採用可能な雇用形態別の人件費を入力しておくことにより、最適な採用の時期と雇用形態、人数を表示することができます。
いつまでに、どんな人を、何人必要かを提示


さまざまな帳票出力が可能



さまざまな帳票出力が可能
病棟用勤務表や様式9だけでなく、出勤一覧表、看護要員表、看護要員の名簿(様式8)、勤務計画表(厚生局書式)、医療従事者名簿、業務従事者名簿、医療従事者数など各種帳票の出力が可能です。

4ヶ月先までの勤務表をシミュレート

 翌月の勤務表が生成された後、その先の勤務表を人事異動を考慮しながら4カ月先までの勤務表を自動生成。各月の様式9までもシミュレートします。その結果と診療報酬施設基準、労基法、医療法などの看護配置要件を照らし合わせ、未来の看護配置を検証します。

過去から未来までの看護配置をしっかり把握

 『充足度診断』が、各診断基準について時点/歴月/4週のそれぞれの要件を切り替え表示。結果の色分けにより過去から未来にわたっての過不足状況が一目で判ります。「今現在基準を満たせているか?」「いつ不足となるか?」といった不安を解消します。不足が生じる場合には、『補充必要度診断』を使えば「いつまでにどんな人を、何人補充すればよいか」を知ることができます。

緻密な様式9の管理のための機能

 例えば、日勤を0.5、公休を0.4としてカウントするような特殊シフトも自動で計算。様式9に必要な拘束時間だけでなく、給与計算上役立つ実働時間も並行して管理しています。さらに、他病棟への応援や委員会などの時間を自動で反映する機能を備えました。